トップページ > 人材派遣・人材紹介 > いまさら聞けないビジネスマナーの本音

人材派遣・人材紹介

人材派遣・人材紹介 いまさら聞けないビジネスマナーの本音

いまさら聞けないビジネスマナーの本音

第3回:日本料理のマナー

記録的な猛暑・残暑だった今夏ですが、最近はやっと本来の季節感を010502tree40-trans.png取り戻したように   
感じられます。 
秋の味覚が本格的に出回り始め、「食欲の秋」本番!
是非おいしい日本料理で秋の食材を堪能したいですね。

ところで、私たちの身近な存在の日本料理ですが、
そのマナーについて皆さんはどれくらいご存知でしょうか。

日本料理は、「本膳料理」「懐石料理」「会席料理」の3種類に大別できますが、
いづれも季節感を重視した旬の味覚・色どり・香り等で美しく盛り付けられています。
せっかく優雅なお料理なのですから、美しくスマートに頂きたいものですね。

代表的なお料理の頂き方のポイントを見てみましょう!


【前菜】

汁気のない平皿は置いたまま、小鉢など器が小さい場合は手に持って頂きます。
田楽などの串ものは箸で押さえながら、串を引き抜いてから頂くようにしましょう。


【吸い物】

正式な席では、蓋つきのお椀は目上の人が蓋を取ってから自分の蓋を取ります。
蓋を取る時は、左手をお椀の縁に添え右手で蓋をつまみ、静かに持ち上げます。
蓋の内側について水滴を器の中に落とすようにし、左手を添えて裏返しておきます。
(蓋が取りにくい時は、お椀の縁を両側から軽く押すとスムーズに取れます)

吸い物は一口汁を吸ってから、椀種を頂きますが、漆塗りの高価なお椀で出された時は
お椀の蒔絵の部分に口をつけない様に、お椀を少し回して正面を避けます。


頂き終わったら、やはり塗りを傷つけないように蓋は元通りに戻しましょう。


次号に続く・・・・

第2回:知らずに使っている間違った日本語

「日本語は難しい!」日本語を学んでいる外国人の方からよく聞く言葉ですが、         
010104woman45-trans.png実は日本語ネィティブのはずの私たちも、間違ったまま覚えて使っている表現が
数多くあります。
   
ビジネスシーンでよく口にする言葉も、実は誤った表現だった!そんなことにならない様に
是非この機会に正しい日本語をマスターしましょう!



使ってはいけないビジネス敬語(例)
              

・とんでもございません
「とんでもない」が一つの言葉ですので、「ない」の部分を「「ございません」に置き換えることはできません。
「とんでもないことでございます」「とんでもないことです」が正しい表現です。


・よろしかったでしょうか
若い方を中心に使われている言葉ですが、これは俗にいう「アルバイト敬語」と言われるものです。
ビジネスシーンでは、自分の考えを相手に押し付けている様でもあり、時として相手に不快感を与えてしまう事もあります。
「よろしいでしょうか」が正解です。


・私には役不足かもしれませんが・・・・
自分を謙遜して伝えたいならば、「力不足」が正解です。「役不足」とは自分の能力に対して、この役では軽すぎるという
逆の意味になります。


・ご苦労さまです
「さま」がついているのに、何故間違いなの?と思った方、大きな勘違いです。この表現は目下の人を労う
"上から目線"の表現です。
上司や先輩に使って、失礼極まりないない人間というレッテルを張られないように「お疲れ様です」という表現に
改めましょう。


      
間違えて覚えていませんか? 漢字の読み違えs_49.gif 


    早急   ○さっきゅう    ×そうきゅう
    重
複   ○ちょうふく    ×じゅうふく
    他人事  ○ひとごと      ×たにんごと
    出生率  ○しゅっしょうりつ  ×しゅっせいりつ
    乳離れ  ○ちばなれ         ×ちちばなれ


         
      

     

第1回:ビジネスシーンでの服装

 

少し前のある調査で、仕事を通じて出会った人の服装についてどう思ったかという      
010104woman12wb.gif興味深いアンケートが取り上げられていました。


仕事で出会った人で気になる服装の人がいる  約81%


 

そのうち 

   マイナスの意味で気になった人がいた 63%

   プラスの意味で気になった人がいた   37%

 

また、 人の服装がその人の仕事ぶりや信頼度を表していると思うと回答した人は約84%にものぼりました。 

 

社外の人と接する機会が多い場合は、第一印象が相手に与えるインパクトは後々まで大きく影響することがあります。

スーツやジャケットスタイルなど基本を外さずに 商談する相手に合わせた服装を心がけたいものです。
仕事ができそうな印象・親しみやすい印象・季節に合ったセンスの良い装い等も相手によっては効果的です。

ビジネスシーンでの服装(みだしなみ)は、大切なお客様に対する意気込みを示すもの。

暑い日が続きますが、気を引き締めていきましょう。



 
1